シャンプーの仕方

シャンプーの仕方

育毛剤は毛根の奥にある毛母細胞を活性化して、元気な髪の毛を作らせるものです。そのため、皮脂や汚れによって毛穴が詰まっていると、毛根の奥まで届かずに効果を得ることが出来なくなってしまいます。育毛剤の効果を最大限に活かすためには、毛穴の詰まりを取り除き、育毛剤が奥まで浸透しやすくするのがポイントとなります。そのために知っておきたいのが「正しいシャンプーの仕方」です。育毛剤を活かすためのシャンプー方法がこちらになります。

 

@「ブラッシングする」
シャンプーをする前に、しっかりとブラッシングしておきましょう。髪の毛が絡まったままの状態でシャンプーをしてしまうと、切れ毛や抜け毛をしやすくなってしまいます。必要以上に髪の毛が抜けてしまうということは、薄毛を進行させることにもなってしまいます。ただし、ワックスやヘアスプレーでセットしている場合は、この時点でブラッシングをしてしまうと髪の毛を痛めてしまうので止めておきましょう。

 

A「髪と地肌をしっかり濡らす」
シャンプー液を塗る前にしっかりと髪と地肌を濡らしておきます。ササッと濡らすだけでは汚れや皮脂が浮き上がらないので、しっかりと時間をかけて濡らしましょう。

 

B「丁寧に洗う」
適量のシャンプーを手に取り洗います。爪を立てて洗うと地肌が傷ついてしまうので、指の腹で優しく丁寧に洗いましょう。

 

C「すすぐ」
ここが一番のポイントです。すすぐ時は丁寧にしっかりとシャンプー液を洗い流します。シャンプー液や汚れが残っていると毛穴が詰まる原因にもなります。髪の毛だけじゃなく、地肌もしっかりとすすぐようにして下さい。

 

この後トリートメントやコンディショナーを使いたいところですが、一般的なトリートメントやコンディショナーは毛穴を詰まらせてしまうので、育毛剤を使う場合は止めておきましょうね。